chef SAHARA のプライベートレッスン



タグ:漬け物 ( 6 ) タグの人気記事


陰翳礼讃的あさごはん


「春に3日の晴れ間なし」が続き、
どんより曇天が続いていた4月の東京地方でしたが、
ほんと久しぶり~に、すっきり晴れた日曜日となりました。

c0117169_14185559.jpg
朝日がさんさんと降り注ぐリビングルームもいいのですが、
翳のある感じがわりと好きです。

将来自分が家を建てることがあったなら、
建築家への最初の注文は「陰翳礼讃について語り合えること」、
そーんな生意気なことを思ったりしています。


c0117169_14191735.jpg
昨夜残ったイナダの刺身をゴマ和えにし、
お茶漬けにしていただきました。

せっかくのいいお天気ですが、
今日こそ、どこにも出かけずのんびりしたい日曜日。
そんな気分にぴったりの朝ごはんでした。

本日もごちそうさまでした。



[PR]
by chefsahara | 2008-04-27 14:43 | 朝ごはん

地元産の赤かぶで作る甘酢漬け


c0117169_1113423.jpg
大雪が降った日曜日、
近所のスーパーで見つけた地元産の赤かぶ。

私:赤かぶなんて珍しいね~。
夫:甘酢漬けにしよう!
私:しよう、しよう!!!

帰宅後、さっそく夫は赤かぶをカットして塩漬けに。


c0117169_11135682.jpg
私:あー、赤かぶ全体の写真が撮りたかったのにーーー。
夫:トロイのが悪い!
私:トロイって…、むっ!
(買ってきたものを冷蔵庫や食料庫に入れてたのにぃ~)

サハラの心中でそんな小競り合いがあったことを夫は知る由もなく
しばらくたって、赤かぶは甘酢に漬けられました。


c0117169_11141041.jpg
そして夜には食卓に。
色がきれい~。

今の時期にしか出回らない赤かぶ。
自給自足は、今の自分たちにはちょっと無理だから
できる限りの地産地消を目指したい。
口から入るものが体も、そして心も作るから。
自分たちの手を動かした手作りご飯が一番おいしいしね♪

今日もごちそうさまでした。




[PR]
by chefsahara | 2008-02-06 11:42 | 季節のごちそう

きんぴらごぼう

c0117169_133634100.jpg

夫は腸に持病があるので
繊維質のとり過ぎには注意が必要でした。

一時的でしたが、
生姜は「食べてはいけないリスト」の上位にありました。
ゴボウも大量に食べてはいけない食材でした。

けれど、今年の5月に腸の外科手術をして、
その憂いがなくなりました(ヤッタ!)。
今は生姜もゴボウもぱくぱく食べています。


写真はある日のランチ。
「きんぴらごぼう」とか「キュウリと生姜の糠漬け」とか。
前の晩に残った「おでん」も映っています。

大切なパートナーが好きなものを食べている姿は、
サハラにとってなによりのご馳走なんだと、しみじみシミジミ~♪




[PR]
by chefsahara | 2007-10-26 13:51 | カラダに効くご飯

簡単お手軽レシピ 【二十日大根の甘酢漬け】

c0117169_7464197.jpg庭畑の二十日大根が豊作です。

サラダや添え物にしていますが、今日は甘酢漬けとなりました。

真ん中の赤いものが二十日大根の根で、奥の緑が葉部分です。

根も葉もシャキッとした歯ごたえがあり、おいしかったです。


手前は沢庵、左側は高菜漬け、右側は生姜の甘酢です。市販品ですが(笑)。


今日も元気にごちそうさまでした。




[PR]
by chefsahara | 2007-06-06 07:54 | 簡単お手軽レシピ

5月の仕込み 【らっきょうを漬ける】

[2005.5.20記]

今年もらっきょうの季節到来!
raku1

泥つきらっきょう1kg。
新聞紙に広げたら、強烈ならっきょうの香りが部屋中に充満~。


raku2

ざっと洗って根と頭を切り落とし、薄皮を剥いていきます。
指先に薄皮が張り付いてナイフがうまく使えな~い(涙) 。
水を張ったポールで何度も指先を洗いながら、
ひたすら薄皮を剥き続けること約1時間ちょっと。


raku3

剥きあがったらっきょうがこちら。


rakuup

アップでみてみると、こんなにピッカピカ♪


raku5

今回は 砂丘王国さんの「らっきょうの漬け方」 を参考にしました。
塩水を入れた保存容器にらっきょうを入れて、今日はこれにて終了。
2週間冷暗所にて保存→ひと晩塩抜き→あらためて酢に漬けます。


できあがるのは6月になってからです。
食欲不振になったこと、生まれてからこっちほとんどない私ですが、
これさえあれば梅雨の倦怠感&夏バテ知らずです。

+ + +

ところで。
素手で剥き続けたので、らっきょうにマケテシマッタみたいです。
親指の爪と爪の間が裂けたようになって痛い…(涙)。

らっきょうを初めて漬けたのは、なぜかアトピーがひどい頃でした。
全ての指の表皮がなくなっていて、水さえも沁みるという状態だったのに、
どうしてらっきょうなど漬けようと思ったのか自分でも不思議です。

仕事を休職してて時間をもて余していたから、
なにかを生産したかったのかもしれません。
でも、どうしてらっきょうだったのかしらん。

今日も、自分では気づかなかった小さな傷が左の小指にあったようで、
薄皮を剥いているあいだずっと沁みました。
アトピーがひどかったあの頃、使い捨ての手袋を2重にしてまで、
らっきょうの薄皮を剥いていました。
モコモコの指先では細かい作業ができず、
苦心しながららっきょうの薄皮を剥き続けました。

薄皮を剥いたらっきょうがピッカピカになるのを見て、
自分の肌もこんな風になりますようにと祈っていたのかもしれないなぁ、
あの頃のワタシ。

いかんいかん、思い出したら涙が出てきちゃった。



[PR]
by chefsahara | 2007-05-03 01:31 | 今月の仕込み

1月の仕込み 【白菜の漬物】

[2006.01.12 記]

季節ごとの漬物をマスターしたい!
私の大きな野望でもあります。

1月の仕込みは漬物の定番、「白菜の漬物」です。
我が家オリジナルの塩梅を見つけましたので
柚子をたっぷり入れて、唐辛子をきかせて…などなど
サラダ感覚でパリパリパリパリ、ついつい食べ過ぎてしまうおいしさです♪

hakusai1.jpg
1.最初に白菜を4等分に切り、1日ひなたに干して白菜の水分を飛ばします。
水分を飛ばす理由は、白菜の持っている旨みを引き出すためです。
漬け込む段階で昆布や柚子、唐辛子などを入れるのですが
これらの旨みが水分と一緒に流れ出てしまわないよう、最初に水分を飛ばしておくのです。


hakusai2.jpg
2.干し終わった白菜に塩を振ります。
塩を根元には多めに、葉先には少なめにしながら容器に並べていきます。


hakusai3.jpg
3.塩の量は白菜全体に軽くかかるような感じです。


hakusai4.jpg
4.重石を載せてひと晩おきます。
我が家には重石がないので、漬け込んだ容器に入る大きさの鍋に水を入れ
重石代わりにしています。


hakusai5.jpg
5.ひと晩漬け込んだ白菜に旨みをプラスします。
昆布を千切りにします。


hakusai6.jpg
6.柚子を千切りにします。
我が家は柚子好きなので、この季節、柚子を大量に買っておき、
皮をスライスし冷凍しておきます。写真の柚子も冷凍です。


hakusai7.jpg
7.4でひと晩漬け込んだ白菜は、塩がまわってしんなりしています。
水分を絞り、食べやすい大きさに切ります。
昆布と柚子に唐辛子も加えて白菜に入れます。


hakusai8jpg.jpg
8.重さが均一になるよう木蓋を載せて、
その上から重石(水を入れた鍋)を載せて数時間寝かせます。


hakusai9.jpg
9.昆布や柚子、唐辛子の味が好みの程度にまわったら出来上がりです。


hakusai10.jpg
10.できあがりのアップ!
おいしいそ~♪

塩分を控えめに漬けていた時期もありましたが、
塩が少なすぎるとおいしい漬物はできあがりません。

何度か漬けてみると、自分の好きな「いい塩梅」が見つかります。
塩がきつすぎた場合は、水に漬けて塩を抜いて食べたり、
チャーハンの具として入れても、調味料代わりになっておいしいです♪

重石がなくても、漬物器あれば上手に漬物を漬けることができます。



[PR]
by chefsahara | 2007-05-03 00:24 | 今月の仕込み


夫サハラが作る毎日のご飯を、妻サハラが記録するブログです。chefSAHARAとは夫の愛称です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サハラのブログたち
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
七草粥
from Tolliano Rive ..
梅桃はジャムになるか
from ウレル女BLOG
黒いアブラムシの駆除
from ベランダ菜園・酒のつまみ自給計画
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧