「ほっ」と。キャンペーン

chef SAHARA のプライベートレッスン



地元産の赤かぶで作る甘酢漬け


c0117169_1113423.jpg
大雪が降った日曜日、
近所のスーパーで見つけた地元産の赤かぶ。

私:赤かぶなんて珍しいね~。
夫:甘酢漬けにしよう!
私:しよう、しよう!!!

帰宅後、さっそく夫は赤かぶをカットして塩漬けに。


c0117169_11135682.jpg
私:あー、赤かぶ全体の写真が撮りたかったのにーーー。
夫:トロイのが悪い!
私:トロイって…、むっ!
(買ってきたものを冷蔵庫や食料庫に入れてたのにぃ~)

サハラの心中でそんな小競り合いがあったことを夫は知る由もなく
しばらくたって、赤かぶは甘酢に漬けられました。


c0117169_11141041.jpg
そして夜には食卓に。
色がきれい~。

今の時期にしか出回らない赤かぶ。
自給自足は、今の自分たちにはちょっと無理だから
できる限りの地産地消を目指したい。
口から入るものが体も、そして心も作るから。
自分たちの手を動かした手作りご飯が一番おいしいしね♪

今日もごちそうさまでした。




[PR]
# by chefsahara | 2008-02-06 11:42 | 季節のごちそう

2008年の節分の恵方巻き 

c0117169_17484447.jpg
夫の手作り恵方巻き。
酢がきつめの酢飯がサハラ家風です。

七福神にちなんで7種の具材を入れるとのことなので、マグロ、カニかま、エビ、かんぴょう、卵焼き、しいたけの煮物、水菜が入っています。

今年の恵方は南南東とのこと。
恵方を向いて、無言でパクパク食べるらしいのですが…。
おしゃべりな我が家はちょっと無理、でした(笑)。
健康第一と家内安全を節分の神様にお願いしました。

c0117169_1748548.jpg
北関東に住む友人Sが送ってくれたイワシの丸干し。
こちらもパクパクいただきました。


節分は季節を分ける日。
ということは、今日から新しい季節ということですね♪
元気に元気で、とにかく元気な1年を過ごせますように。
鬼は外ーーー、福は内ぃぃぃーーー。
豆まきもしっかりやって年齢の数以上に食べました~(笑)。




[PR]
# by chefsahara | 2008-02-04 17:58 | 季節のごちそう

静岡 久能のいちご狩り

c0117169_1043518.jpg
大沢ヴィレッジの帰り道、
いちご農園の手伝いにかり出されている友人に会おうと
海側まで足を伸ばしました。
斜面沿いにドーム状のいちごハウスがいっぱーい♪


c0117169_10433020.jpg
ハウスの中に入ると、いちごがずらり。
ほのかに甘い香りが漂ってきます。
この日の外気温は確か5℃くらい。
大沢ヴィレッジで冷えた体が、いちごハウスで温まりました。
ほ~っ。

c0117169_10434171.jpg
こちらの品種は「あきひめ」とのこと。
赤く熟しているのが食べごろです。
手を添えてある赤ちゃんいちごは、
次の週末には食べごろになるんだとか。


いちごに限らず最近のフルーツって
糖度の高い品種に人気がありますね。

でも甘いモノは量をそんなに食べられませ~ん。
こちらの「あきひめ」は、さっぱりした味なので
いちご狩りをしながらパクパクいただけちゃいます。
「あきひめ」は、いちご狩りに適した品種なのですね。

いちご狩りの最盛期は1月~2月。
営業はゴールデンウィークまでやっているとのことですが
ハウスの中が暑くなり、
いちごもぬるくて本来のおいしさを発揮できないんですって。
行くなら、まさに今です!

寒いこの時期、いちごハウスでほっこりおいしい時間♪
とっても楽しいひと時でした。
Kさん、会えて嬉しかったです&楽しかったです。


c0117169_1044126.jpg
いちごハウスを1歩出ると、駿河湾が一望できます。
遠くには伊豆半島と御前崎が見えます。
山もいいけど、やっぱり海もいいなぁ(笑)。

+ + +

私が訪れたいちご園はこちらです。
久能いちご狩り/マル井農園

予約をして午前中に行くのをオススメします。
午後には、食べごろのいちごがなくなっちゃうこともあるとか。
それくらい久能のいちごは人気モノなのですね。
ごちそうさまでした。




[PR]
# by chefsahara | 2008-02-01 11:20 | お出かけごちそう

かまどで炊いたご飯

c0117169_16215463.jpg
月曜日(1/28)に予定していた
「食の達人養成講座」第4回目講座は
体調不良のためお休みしてしまいました。

「残りご飯」は、その後どんな呼び方になったんだろな。
2月になったら補講があるので、その時また聞いてみます。


写真は、先週末に行った大沢ヴィレッジ
かまどで炊いた炊きたてご飯です。

写真を撮った時には湯気がほや~と立っていたけれど
あまりの寒さで、みんなの手元に来た時は冷めていました。

古民家は寒い!ことを、身をもって体感。
おかげで囲炉裏の火の温かさ、
日なたのぬくもりのありがたみ、
人と人とが身を寄せあうことのシアワセをしみじみと。




[PR]
# by chefsahara | 2008-01-30 16:36 | 手間をかける

「食の達人養成講座」第3回目


c0117169_1732473.jpg
「食の達人養成講座」第3回目に行ってきました。

ワタシが「食の達人養成講座」に通うようになったワケを
この日までにまとめようと思いつつも、
曖昧模糊としたままの参加となってしまいました。

んー、漠然とですが、ワタシが理想とする「食」は
旧きよきものを活かした自然との共生…、という感じでしょうか。
これはそのまま自分の理想とする「暮らし」でもあるのですが。

梅干、糠漬け、味噌、干物、乾物などなど。
我が家ではこれらのものを手作りしていますが、
昔からある日本に伝わる食の技を継承していきたい、
そんな思いが自分の中にあるような気がします。

+ + +

ところで、第3回目の講座にて、
ひとつ面白い論争が起きました。

食MAPのデータを元に、
食卓に登場したランキングトップ50を検証していたところ…。
17位にランキングされたのは「残りご飯」だったのですが。
その順位がどうだということは置いといて。
「残りご飯」というネーミングはいかがなものか、と
参加者の1人が問うたのでした。

ウチでもそうですが、
玄米を炊く時など準備に手間がかかることから
一気に5合を炊き、一食分ずつ小分けにして冷凍しておきます。
一気に大量炊くことでおいしく炊けるようにも思いますし、
忙しい朝などにとても助かる存在です。

なので、そういった場合それは「残りご飯」とは言わないし、
「残りご飯」といった語感が納得できないし、嫌だなぁ、と。

食MAPを立ち上げたとき、分類をしたのは男性だったそうで
この「残りご飯」というネーミングも、
男性目線だったと、講師から説明(釈明?笑)がありました。

速攻で「残りご飯ネーミングを考える会」なんてものも結成されたり。
とってもフレキシブルなんですよね、この講座♪

ちなみにはサハラなら、
「作りおきご飯」とか「冷凍仕込みご飯」かな。
週明けの月曜日に第4回目がありますので
その時に新しいネーミングが決まるかも。
また、ご報告しますね。
あ、上の写真は板状に冷凍した玄米ご飯です。

【関連リンク】
食の達人養成講座




[PR]
# by chefsahara | 2008-01-26 18:36 | 食の達人養成講座にて

ワタシが「食の達人養成講座」に通うようになったワケ。


気がつけば「食の達人」の第3回目が
あさってに迫っていました。

この日が来る前に
ワタシが「食の達人養成講座」に通うようになったワケを
まとめようと思っていました。

あちらのブログにつらつらとは書いていたのですが…。
ワタシが「食の達人養成講座」に通うようになったワケ。
あきらめないキモチがカラダに届くとき。
続:ワタシが「食の達人養成講座」に通うようになったワケ

と、分かったような分からないような内容です。
もう少しまとめて、明日中にはここに書いておこっうと。< 自分メモ



【関連リンク】
食の達人養成講座
[PR]
# by chefsahara | 2008-01-22 17:25 | 食の達人養成講座にて


夫サハラが作る毎日のご飯を、妻サハラが記録するブログです。chefSAHARAとは夫の愛称です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
サハラのブログたち
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
七草粥
from Tolliano Rive ..
梅桃はジャムになるか
from ウレル女BLOG
黒いアブラムシの駆除
from ベランダ菜園・酒のつまみ自給計画
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧